野球にはスコアブックというものがあります。

baseball_score

←こんな感じでストライク・ボールのカウントから打球方向、走塁や残塁まで、後で見てもどのようなゲーム内容だったかがわかります。

書式とかつけ方は分かりませんが、サッカーやバスケでもスコアブックは存在するようです。


で、ゴルフは・・・というと、後でプレーの内容を思い出せるような記録ができるスコアブックがありません
私が知らないだけかもしれませんが・・・f(^_^;


私は頭が悪いのか、プレーしたコースをさっぱり憶えられません(ToT)
コースが思い出せないと、ショットの内容も思い出す事ができず、練習のテーマが曖昧になってしまいます。
せめて、プロゴルファーのようにフェアウェイキープ率やパーオン率を算出しようと、ゴルフを始めた頃に雑誌で見たスコアのつけ方をずっと実践してきました。

それは、ゴルフ場のスコアカードに必ずある欄を使って各ショットの記録をしていく方法。

そうやってスコアをつけて20年近く。
ショットの内容はそれなりにレベルが上がってきたと自分では思ってますが、アプローチ・パッティングなどのショートゲームが足を引っ張ってる感じになってきました。

考えてみればそれもやむない事で、データ管理のためのスコアカードもショートゲームのデータ収集はほとんどやっておらず、スコアカードを見ればグリーン近くまでのショットは思い出せますが、どんなグリーンだったか、どんなパッティングをしたかはほとんど思い出せません。

しかし、ゴルフ場のスコアカードはスペースも限られますし、野球などのスコアと違ってプレーヤーがプレー中に記入するものなので、それほど丁寧に記入する余裕はありません。

そこで、プレー中にできるだけ少ない手間で記入できて、どこのゴルフ場でも使えるよう汎用性を持たせたスコアカードを作ってみました。

続きを読む