eye01.jpg

ダンプ一杯のボール

今はそんなことは言わないかもしれませんが、私がゴルフを始めた頃はコースに出る前にダンプ一杯分のボールを打てと言われる時代でした。
今ゴルフを始める人は何て言われるんでしょうか・・・


ダンプ一杯を4tで計算すると少なめに見積もっても80,000個
これを1年で消化するためには毎週1,500個以上のボールを打たなければなりません。
均等日割りしても200個以上になります。

金額的なことも考えてみます。
地域によって差があるとはおもいますが、私の家の近くの練習場は早朝深夜は500円/100球なので、80,000個のボールを打つためには40万円かかります。月で均すと33,000円・・・これではサラリーマンの平均的な小遣いでは足りません。

現実的には難しいですが、これはあくまで何も考えずにただボールを打つだけの場合と考えた方がいいでしょう。

つまり、頭を使って練習することによって少ない球数でも同じ効果をあげられると考えます。
これは例えば坂田塾のように裸足で6Iのみでショートスウィングを繰り返すような練習を意味します。
ただこれは初心者が一人でやるのは難しいです。なぜならたとえ初心者でもそのときそのときの判断で勝手な解釈をして、最初の決意を変えてしまうからです。

でも、ダンプ一杯は大げさにしてもビギナーがせめて10,000個の球を打ってからコースに出るだけで、日本のゴルフはかなりレベルアップするのではないでしょうか。

(このエントリは2004年7月に書いたものを、加筆・修正して公開しています)

Facebookアカウントでコメントする

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ